2017-10-17(Tue)

2017年10月22日(日) 菊花賞(GⅠ)出走馬情報

2017年10月22日(日)
「菊花賞(GⅠ)」
 京都 芝3000m
★過去10年からの傾向★
・伏兵の好走あるも10番人気以下は2.3着が1度ずつ
・関東馬は不振 0-0-1-7
・差し馬が好走
・先行馬が有利で逃げ、追込は相手まで
・キャリアは10戦以下が望ましい
・前走3着以内で神戸新聞杯組が圧倒
・内枠が好成績

【アダムバローズ】
距離延長、メンバー強化でここは厳しいでしょう。

【アドマイヤウイナー】
距離延長はプラスも力不足です。

【アルアイン】
皐月賞馬と相性の良い菊花賞ですが距離延長は間違いなく割引材料。
人気も集める割に不安材料多く判断が難しい馬です。
軸にする事はありませんが、相手に入れるかどうかは仕上がり次第といったところです。

【アルムチャレンジ】
芝にチャレンジしてきましたが、いきなりの3000mでGⅠ、厳しいでしょう。

【ウインガナドル】
中距離タイプも前々の競馬で楽に運べれば穴馬として面白い1頭かもしれません。
この馬が展開の鍵を握りそうです。

【キセキ】
今のところ1番菊花賞に近いのはこの馬だと思っています。
距離延長は折り合い一つつけば能力的には足りる事は前走で示しました。
調教でのテンションに要注目です。

【クリノヤマトオー】
京都巧者で人気も無さそうでちょっと注目している1頭です。
自在性も高くどんな展開にも対応出来る点も評価しています。
ただ、距離はやはり長いでしょう。

【クリンチャー】
皐月賞4着が評価されているところですが、能力的に厳しいです。

【サトノアーサー】
距離延長に不安はあったものの、前走で折り合いがしっかりとついていたのは収穫。
抜けた馬のいない今年のメンバーなら激走しても不思議はありません。
頭までの期待はできないものの、相手の1頭としては選んでおきたいところです。

【サトノクロニクル】
これまで中距離中心で使ってきているものの血統的に長距離は歓迎。
力は少し劣るも得意の京都で注目です。

【サンデームーティエ】
距離延長歓迎もここでは力が足りません。

【スティッフィリオ】
自在性ありますが決めて不足でここは見送り濃厚です。

【ダノンディスタンス】
ここでは力が足りません苦しいでしょう。

【ダンビュライト】
完全に前走は力負けでした。
好調な鞍上からも人気を集めそうです。
血統的に長距離もいけるとの声もあるようですが、個人的には距離延長は大幅マイナスと判断しています。

【チャロネグロ】
ここでは能力が足りません。条件戦から力を付けてからでしょう。

【トリコロールブルー】
重賞では力が足りません。苦戦濃厚です。

【プラチナヴォイス】
京都は得意ですが中距離馬でこの距離はこなせないでしょう。

【ブレスジャーニー】
1年の休養明けで3000mは能力以前に流石に厳しいです。

【ベストアプローチ】
イレ込がきついところがあるが、落ち着きがあれば上位争いで穴演出の可能性もあり。

【ポポカテペトル】
血統的には中距離向きでここは見送りです。

【マイスタイル】
能力は足りませんが内枠を引いて前々での競馬をすれば面白い存在かもしれません。

【マイネヴンシュ】
長距離は向いており先行力もありますが、まだ体つきが成長しきっておらず完成はまだ先か。

【ミッキースワロー】
前走は強い勝ち方で当然ここでも人気の1頭になりますが、頭は考えていません。
セントライトが強すぎたのが気がかりで、パフォーマンスを更に上げるのは至難の業。
人気以上の結果は出ないのではないかと考えています。

【メイショウテンシャ】
ここでは力が足りません。厳しいでしょう。
スポンサーサイト
2017-10-11(Wed)

2017年10月14日(土) 府中牝馬S(GⅡ)出走馬情報

2017年10月14日(土)
「府中牝馬S(GⅡ)」
 東京 芝1800m
★過去10年からの傾向★
・1.2番人気未勝利と不振(連対率は合わせて50%)
・高齢馬苦戦(4歳~5歳優位)
・関東馬より関西馬が好成績
・逃げ馬苦戦
・前走は掲示板以内が望ましく条件戦からは苦戦
・外枠有利(7.8枠で7勝)

【アスカレビン】
GⅠでは力不足、GⅡ.GⅢではワンパンチ足りないといった実績。
左回りよりも右回りの方が好成績。
昨年4着もやはりこのメンバーに加わると厳しいでしょう。

【アドマイヤリード】
ヴィクトリアM圧勝も前走クイーンSで敗北。
休み明けを考慮しても展開一つであっさりと負けるモロさも出た一戦。
末脚を武器にしているだけあって東京コース変わりはプラス材料。
ただ目標がここで無いだけに仕上がりはメイチではないのは確かでしょう。
また、マイルがベストの馬で守備範囲内も距離延長は歓迎ではありません。
そう考えれば押さえまでで評価を下げて考えるのが妥当です。

【ヴィブロス】
今年のドバイターフを勝ち一気に名牝の仲間入り?
確かにドバイターフでは目の覚める末脚で並みいる牡馬相手に圧勝は強かった。
東京コースは初出走も左回りは問題なく相性は良さそうです。
今回は半年の休み明け+一叩きと仕上がり途上です。
しかも人気をルメール騎乗も加わり嫌でも人気を集めます。
牝馬同士なら力は上かもしれませんが、頭鉄板というわけではないと考えます。

【キンショーユキヒメ】
マーメイドSで4着になるも斤量51キロ。
前走は鮮やかでしたが和田が内枠を生かして好騎乗が目立つ。
この相手関係では厳しいでしょう。

【クインズミラーグロ】
重賞で惜しい競馬が続くもゲート難の不安がつきまといます。
その性質からか後方から届かない競馬が続き頭としては信頼出来ません。
また相手関係強化から今回も安定して馬券内に来るかは疑問が残ります。
しかしここで賞金加算しておかなくてはならないので仕上がりは期待出来そうです。
最終追切と当日の状態チェックは入念に行いたい1頭です。

【クイーンズリング】
昨年の勝ち馬でこのレースを制して続くエリザベス女王杯を連勝している。
ポイントは昨年の54キロから56キロに斤量が増える事。
パンパンの馬場が合うので傷んでいない現在の馬場は合います。
一回使われてエリザベス連覇が最大目標も中間の動きでは思った以上に仕上がっている印象。
今回もデムーロが騎乗するので今年の成績以上に人気を集めてしまうので軸としてはうま味が無いのは言うまでもありません。

【クロコスミア】
力は付けていますが、いきなり重賞初制覇とまでは難しそう。
また逃げの手はこのレースとの相性が悪く苦戦濃厚でしょう。
前走同様自分の競馬が出来なければアッサリ負けてしまう可能性もあると思います。

【ゲッカコウ】
この馬も重賞では力不足でしょう。
先行策は成績もあまりよくなく、このメンバーでは前走のようにマイペースではいけません。
ただ、調子は間違いなく最高潮に達している点が気になります。

【デンコウアンジュ】
ヴィクトリアMであっと驚く激走をして東京コースでなら狙ってみたい穴馬の印象を与える。
しかし休養明け成績は今一つで穴人気をしてすっ転び本番に再び逆襲するといったタイプです。
人気次第で評価をどうするか判断したいと思います。

【トーセンビクトリー】
惨敗と激走を繰り返し安定感はありませんが着実に力を付けています。
前走は鞍上の福永が下手こいたと思うので評価出来る内容。
中間の動きも良くこのメンバーでも十分期待出来るので、後は割引な東京コースの中でどれだけ評価するかです。

【ハッピーユニバンス】
準OPをハンデ差を生かして勝てた程度なので、ここでは苦戦濃厚でしょう。

【バンゴール】
東京コースは抜群に良いが力は不足。
やはり実績馬に比べるとウィークポイントがほとんどありません。

【ミスパンテール】
毎日王冠のダイワギャグニー感を匂わせますが力不足でしょう。

【リエノテソーロ】
マイルCでの激走は記憶に新しいが古馬相手には苦しいでしょう。
早熟感もあり馬体に成長があまり感じられません。

【レーヌドブリエ】
格上挑戦で勝てる程楽なメンバーではありません。
重賞で狙えたとしてもハンデ戦でしょう。

【ロッカフラベイビー】
まだOP戦では厳しいでしょう。
囲まれて弱い部分もあるので、その辺りの成長が必要です。

【ワンブレスアウェイ】
この秋牝馬で一番の上がり馬ともいえる存在で東京コースも大得意。
条件上がりでいきなりの重賞にはなりますが、無視出来ない存在です。
戸崎があっさりとアドマイヤリードに騎乗する辺りが個人的には腑に落ちませんが田辺なら許容範囲内。
今後に向けて必ず賞金加算しておきたいところで、かなり勝負気配が漂います。
ある程度人気も集めますが1番人気になる事はありませんので、今回要注目の1頭でしょう。
2017-10-11(Wed)

2017年10月15日(日) 秋華賞(GⅠ)出走馬情報

2017年10月15日(日)
「秋華賞(GⅠ)」
 京都 芝2000m
★過去10年からの傾向★
・1.2.3番人気で9勝
・関西馬が好成績
・差し馬が好走
・前走は基本的に前哨戦からが好走
・キャリアは5~8戦程度が良い
・中枠は苦戦傾向

【アエロリット】
クイーンSでは初の古馬対戦も圧巻の逃げ切り。
やはり同世代では力は上です。
ただ、前走は逃げたものの直線抜け出すと遊ぶ癖など気性面で信頼できるものではありません。
タイプ的に京都コースもあまり合うイメージはありませんので、切る理由はありませんが頭鉄板とは思っていません。

【ヴゼットジョリー】
距離延長はマイナス材料で中距離戦では力不足でしょう。
期待よりも不安がよぎります。

【カリビアンゴールド】
是が非でも権利を取りたかった前走がかなり仕上がっていたので、更に上昇は厳しそう。
抜けた馬がいないので能力的には軽視するつもりはありませんが、本番に向けて仕上げてきている馬との差はやはり頭に入れておくべきでしょう。

【カワキタエンカ】
この馬も前走の権利取りの時に仕上がっていましたので上昇は見込めません。
また、前走でも展開に恵まれたところもあるので評価自体は割引で考えます。

【タガノヴェローナ】
芝向きではありません。
ここでは厳しいでしょう。

【ディアドラ】
前走は接戦も上がり目がある状態で勝ちきったので素直に評価します。
3歳牝馬同士では間違いなくトップクラスの実力はあります。
後は当日の人気次第では十分軸にしても面白い1頭と言えるでしょう。
ルメールを手配出来たの運も向いています。

【ハローユニコーン】
あまり成長を感じられません。
ここでは苦戦必須でしょう。

【ファンディーナ】
京都コース変わりは良いと思います。
ただ過剰人気傾向の馬なので狙いたい馬ですが配当が安く狙いにくいというのが正直な印象。
相手には入れておきたいところですが、軸にはしにくいでしょう。

【ブラックオニキス】
ここは明らかに力不足でしょう。

【ブラックスビーチ】
何故か伏兵感をかなり感じているのですが、冷静に考えたら力不足です。

【ポールヴァンドル】
末脚をどこまで繰り出せるかになりそうですが、よくて3着争いに紛れ込める程度で勝ち負けまでは苦しいでしょう。

【ミリッサ】
距離延長は3歳牝馬同士なら何とか誤魔化せると思います。
父ダイワメジャーの影響もありますが、母シンハリーズから考えれば2000までなら持つはずです。
末脚比べになると見劣りするので有力差し馬の少し前で早めに動いて出し抜けるパターンなら楽しみもありそうです。

【メイショウオワラ】
ローズSではあっと驚く5着激走でしたが、あれが精一杯で上位争いは厳しいでしょう。

【モズカッチャン】
前走は+14キロが示していた通り完全な試走仕様。
間違いなく状態は上昇傾向になると思いますが、そもそも春の実績馬の信頼性がかなり下がっています。
デムーロ効果で人気もそれなりに集めそうなので、本命にはしにくいのではないでしょうか。

【ラビットラン】
前走はフロックではなく強い競馬でした。
今回も十分に期待していいと思いますが、何せ後方一気のスタイルなので差し届かずという可能性は結構あります。
状態事態も秋華賞を目標にしていなかったので上昇の余地もあるのは有力馬の中でも魅力です。

【リカビトス】
何気に3戦無敗でここまで駒を進めてきています。
ここで勝つようならファインモーション以来、無敗の秋華賞馬になる事に。
体調面に不安があり出走経験が少なく、激しい流れのGⅠを舞台に戸惑ってしまう可能性はある。
競馬界の事を考えたらこの馬が勝つと盛り上がるのですが。
何気に差し脚鋭く相手としては人気も無さそうなので入れておいて損は無さそうです。

【リスグラシュー】
結局安定感という事でこの馬が人気を集めそう。
ただ、安定感という事で抜けた力が無いのに頭一つ抜ける人気になるようならうま味はありません。
掲示板安定候補ですが頭候補では難しそうです。

【レーヌミノル】
人気を落としそうですが結構面白い存在と密かに期待しています。
桜花賞ではソウルスターリング、リスグラシューにハマったとはいえ勝っている実績は無視出来ません。
これで人気を再び無い状態なのですから距離不安という項目だけで軽視する必要はないのではないでしょうか。
2017-10-04(Wed)

2017年10月09日(月) 京都大賞典(GⅡ)出走馬情報

2017年10月09日(月)
京都11R「京都大賞典(GⅡ)」


【アクションスター】
ここでは力不足で厳しいでしょう。

【カレンミロティック】
年齢的にも長期休養明けを考えても厳しいでしょう。

【サウンズオブアース】
重賞タイトルを取らせたいという厩舎サイドの事を考えるとそれなりに仕上げてきそう。条件も合うのでここでも好勝負出来そうです。

【シュヴァルグラン】
仕上がりも上々で軸として信頼して良いでしょう。後はどれだけ人気が被ってくるかです。

【スマートレイアー】
京都記念の走りから牡馬相手でも戦える力はあるものの、鞍上の武豊との相性に不安を感じます。相手の1頭まででしょう。

【トーセンバジル】
ここは是が非でも賞金を加算しておかなくてはならず、かなり仕上がてくるはずです。それなりに人気はしそうですが、スタートで出遅れる事が無い限り上位争いをしても不思議ではありません。

【ハッピーモーメント】
ワンパンチ足りず良くて掲示板までではないでしょうか。

【バロンドゥフォール】
京都コースとの相性は良いのですが重賞では力が足りません。ここは割引でしょう。

【ヒットザターゲット】
往年の力を求めるのは可哀そうで、ここでも厳しいでしょう。

【フェイムゲーム】
ルメールから人気を集めそうですが、長距離以外では狙いたい馬ではありません。

【プロレタリアト】
牝馬でこのメンバー相手では力が足りません。

【マキシマムドパリ】
牡馬相手では厳しいでしょう。

【ミッキーロケット】
力はここでも十分足りています。しっかり仕上がっていれば勝ち負けまで可能です。

【ラストインパクト】
迷走から抜け出せてません。往年の力を発揮は難しいでしょう。

【レコンダイト】
伏兵としては面白いかもしれませんが、展開の助けはかなり必要です。
2017-10-04(Wed)

2017年10月08日(日) 毎日王冠(GⅡ)出走馬情報

2017年10月08日(日)
東京11R「毎日王冠(GⅡ)」


【アストラエンブレム】
ワンパンチ足りない馬ですが、賞金加算のためにかなり仕上げてきてくる可能性大きく期待しています。

【ウインブライト】
1800の距離はバッチリですが古馬相手には苦しいでしょう。

【グレーターロンドン】
距離は守備範囲内ですが、実績以上に過剰人気傾向にあるのでそこをどう判断するか。

【サトノアラジン】
確実に一叩きで割引材料。開幕週の馬場には合うか微妙です。

【ソウルスターリング】
3歳牝馬では抜けた力があるが後は古馬との力関係がどうかですが、このメンバーなら足りると判断し、軸としてかなり信頼していいでしょう。

【ダイワキャグニー】
重賞では厳しいでしょう。

【ヒストリカル】
年齢的な上昇は見込めずに苦戦必須でしょう。

【マカヒキ】
目標はここでなく確実に試走モード。直線ちょこっと追って掲示板といったところでしょうか。

【マッチレスヒーロー】
力不足でここでは厳しいでしょう。

【ヤングマンパワー】
想像以上に中間仕上がっている印象で、穴を演出するならこの馬ではないかと期待しています。

【リアルスティール】
信頼出来る項目が少なく、デムーロ効果で過剰人気傾向になりそうです。この馬も一度使ってからなので割引で考えるべきです。

【ワンアンドオンリー】
走りを見る限りここでも強調出来る力はないので見送り濃厚でしょう。
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2980

紹介文:中央競馬の重賞競走やメインレースを、中央競馬開催日にメインレースを中心に注目の厳選予想を公開中!

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

最近の記事
月別アーカイブ
今まで来てくれたお客様
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
PR
人気ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
905位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索