18.宝塚記念 出走登録有力馬分析

2018年6月27日(日)
阪神11レース「宝塚記念(GⅠ)」


【過去の傾向】
・内枠有利
・牝馬が好走
・穴をあけるのはGⅠで連対実績のある馬

・サトノクラウン
言わずも昨年の覇者。
しかし重馬場のパワーが要する馬場でこそ力を発揮する馬。
安定感に欠けるため信頼性は低いですが、1番人気にはなる事が無いので相手に入れておく程度の評価です。
鞍上が石橋修になったというのも一体どうして?と感じます。

・ヴィブロス
GⅠ実績のある牝馬は割と相性の良いこのレース。
海外帰りですが期待している方も多いのではないでしょうか。
個人的ですが、今回は必要無しと現在では評価しています。
確かに今回はメンバー的に例年よりもかなり落ちるのは間違いありません。
それにしてもこの馬は牡馬相手にもう少し実績が足りない気がします。
ドバイターフで2年連続連対していますが、むしろドバイターフのコース相性が抜群に良いと考えています。
直線坂のあるコースはこの馬には厳しいのではないでしょうか。

・スマートレイアー
年齢的なものから大きな上積みはありませんが、ヴィブロスよりはこちらの方が狙いたいところです。
GⅠ実績に関しても秋華賞2着、牡馬相手にも京都大賞典1着など善戦しています。
京都大賞典ぐらい走れば今年のメンバーならアっという展開も十分あるでしょう。

・サトノダイヤモンド
ファン投票1位も昨年から微妙な競馬を続けています。
1番人気に指示されそうですが信頼性は低く、調子も完全に戻っていません。
しかし相手が今回かなり弱体化しており、大阪杯よりも弱メンです。
多少能力が落ちていようがそれなりに上位争いはしても不思議ではありません。
とはいえ、1番人気で頭で買いたい馬ではありませんが。

・アルバート
毎回この馬に騙されて学習能力の無い自分ですが、いつの日かGⅠで上位争いするだけの力はあると思っています。
過度な期待はしませんが、相手には入れるつもりです。
一度でいいので前々で競馬をしてほしいと心から思っています。

・ステファノス
間違いなく状態は上昇しており上積みありそうです。
しかしパンチ不足な競馬をしていますし、状態は良くなっても能力的な衰えはやはり感じられます。
よほど枠順と展開に恵まれないと厳しそうです。

・タツゴウゲキ
一度使われて良くはなってきそうですが、本調子には戻っていません。
狙うは今年のサマーシリーズになるのではないでしょうか。

・パフォーマプロミス
穴人気をする馬になりそうですが、成長力もあり特に切る理由はないと思います。
距離は許容範囲内です。
問題は実績以上に人気になりそうな感じなので、その辺りをどうするかです。
現状軸にするまでの評価には至っていません。

・ゼーヴィント
ここ2戦は距離が長かったの一言に尽きます。
基本的に中距離馬で距離短縮は間違いなくプラス材料でしょう。
実績面では劣りますが、ある程度自在性がある馬なので枠順、展開なりに力は発揮してくれます。
個人的に軸候補として近い1頭です。

・キセキ
人気を集める1頭になりそうですが、信頼はしていません。
馬場は良馬場でも十分戦えると思うのですが、ローテーションがどうもシックリきません。
調子を取り戻していないでしょう。
トーホウジャッカルのイメージがダブって仕方ありません。
掲示板にはいてそうも勝ち負けは難しいみたいな。

・ストロングタイタン
勢いはありますが、能力的には厳しいでしょう。
気性的に難しいところがある馬なので乗り替わりも歓迎ではありません。

・ミッキーロケット
相手なりに走りますが、確実に力は右肩下がりになっています。
前に行けば詰めが甘くなり、末脚勝負でも上がり負けしそうで良くて掲示板の印象です。

・ノーブルマーズ
力不足な点と鞍上がGⅠ戦線で活躍するイメージがまったく湧きません。
ローカル重賞で頑張ってもらいたい馬です。

・ダンビュライト
軸候補の1頭だったのですが、この馬も実績以上に人気を集めるので悩んでいるところです。
展開的にこの馬が一番向いていそうで、十分勝ち負けするだけの力は備わっています。
人気はある程度集めますが、マークされるような馬ではないだけに不利なく力は発揮出来るでしょう。

・サイモンラムセス
連勝中も流石に力不足です。

・ワーザー
香港の現役最強馬がかなり本気で仕上げてきています。
今年の日本馬のメンツを考えればこの馬が勝ち負けしても全く不思議はありません。
気になる点としては良馬場で割と実績があるだけに、重馬場になったら不安材料ではないかと考えれます。

近年稀に見る弱メン。
と思っていたのですが、GⅠ馬はサトノクラウン、ヴィブロス、サトノダイヤモンド、キセキ、ワーザーと5頭いてるんですね。
今年は高配当が飛び出しそうな予感しかしません。
恐らく多くの方がそういった印象があるのではないでしょうか。
ただ、そういった時に限って大波乱はなく、本命と伏兵の決着で馬連2、3000円程度になるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

18.函館SS 出走登録有力馬分析

2018年6月17日(日)
函館11レース「函館SS(GⅢ)」


【過去の傾向】
・先行馬有利
・後方脚質が上位に絡んだ場合人気薄
・3歳馬好走(今年はいない)
・過去5年1番人気ぶっ飛ぶ

これらを踏まえて賞金上位から予習してみましょう。

・ノボバカラ
賞金順にすればこの馬が1番になりますね。
やはり芝では厳しいでしょう。

・ダイアナヘイロー
セイウンコウセイの出方次第になりますが、自分のペースで先行出来れば十分巻き返しはあるでしょう。
洋芝適正は未知数なところですが、直線の短くなる函館はこの馬にとっていいと思います。
安定感が無いため1番人気になるようなら怪しいところですが、バッサリ切る理由はありません。

・エポワス
昨年の3着馬で、函館コースとの相性は抜群。
年齢は10歳と成長力は期待出来ませんが、人気も無いでしょうから相手の1頭にいてもいいのではないでしょうか。

・ラインスピリット
北九州記念3着の実績はありますが、重賞では実力不足です。

・ティーハーフ
2015年3連勝でこのレースを制した馬。
今は完全に展開の助けが必要な馬で、2戦続けて好走するような馬ではありません。
前走勝利した事により陣営としても色気を持ってきている可能性があり、自分の競馬に徹する事も微妙に出来ないでしょう。

・セイウンコウセイ
GⅠ馬として本来は断然の主役になっていないといけない馬なのですが、昨年も人気を裏切り4着敗退。
その後もシルクロードS2着はあるものの、物足りない成績となっています。
直近のレースを見れば5走続けて5番人気となっており、ファンとしても判断の難しい馬ではないでしょうか。
稍重で高松宮記念を勝っていますが、個人的にはパワーのいる馬場には向いておらず、函館コースは苦手ではないかと考えています。
昨年よりも馬自身の調子が落ちている事から、昨年より上位になるとは考えにくく、微妙に人気を集めている点からもうま味があるようには思いません。

・ラインミーティア
昨年のセントウルS2着という実績はありますが、基本1000m巧者で微妙に距離が長いと考えられます。

・キングハート
昨年の2着馬で、前走は流石に相手が強かった。
しっかりと立て直してきており、今回地味に期待しています。
どんな流れでも相手なりに走ってくれそうです。

・ナックビーナス
何気にかなり安定しており、今回もかなり人気を集める1頭になりそうです。
重賞では切れ味不足からワンパンチ足りない競馬が続きますが、相手なりにしっかりと結果を出しています。
頭の信頼性は高くありませんが、相手の1頭としては必要でしょう。

・ヒルノデイバロー
馬場が荒れたら期待値は高くなりますが、良馬場なら実力的に必要ありません。

・ワンスインナムーン
昨年のスプリンターズSではアッと言わせる3着好走。
しかし香港遠征した影響が出ているように思います。
牝馬は崩れた体調を戻すのは非常に難しいので復調はまだ先ではないでしょうか。

・ジューヌエコール
昨年の優勝馬ですが、50キロという斤量面の助けがあった去年と違い、今年は苦戦するでしょう。
また、早熟性も感じ成長力も感じません。

・ユキノアイオロス
重賞では力不足です。

・ライトフェアリー
今かなり調子が上がってきており、実績不足も先行して穴を演出する可能性は十分です。

・アドマイヤゴッド
掲示板ぐらいにいても不思議ではありませんが、勝ち負け出来るだけの力は感じられません。

・タマモブリリアン
重賞では力不足です。

・ノットフォーマル
前走は完全に展開がハマった。
54キロになり引き続き好走するとは思えません。

テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

最近の記事
月別アーカイブ
今まで来てくれたお客様
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
PR
人気ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
2300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
1011位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索