「競馬-斬鉄剣」

本命馬を鋭く切り裂き使い高配当を狙う!

2017年09月30日(土) 予想公開中!!

本日の公開情報
①阪神11R、②中山11R、③中山09R
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

2017年9月23日、24日 結果

今週の結果

2017年9月23日(土) 情報提供レース
①阪神11R「大阪スポーツ杯(1600)」
  ⇒馬連7.0倍的中
②中山11R「セプテンバーS(OP)」
  ⇒3連複18.9倍的中、3連単76.8倍的中
③阪神02R「2歳未勝利」(注目の1頭)
  ⇒④サヤカチャン 5番人気 1着

2017年9月24日(日) 情報提供レース
①阪神11R「神戸新聞杯(GⅡ)」
  ⇒3連複8.9倍的中
②中山11R「オールカマー(GⅡ)」
  ⇒馬連17.0倍的中、3連複33.4倍的中
③中山09R「芙蓉S(OP)」
  ⇒馬単11.6倍的中
④阪神06R「メイクデビュー阪神」
  ⇒馬連7.5倍的中
⑤中山07R「3歳上500万下」(注目の1頭)
  ⇒②プレイヤード 6番人気 2着


阪神11R「神戸新聞杯(GⅡ)」
1着 〇 ⑧レイデオロ
⇒正直、これだけ圧勝するとは思っていませんでした。流れが緩くなったとはいえ、終始手応え反応も良く完勝と言える内容です。目標はJCなので、次走は古馬との闘いになりますが、この競馬が出来れば勝負になりそうです。しかし、個人的には今回は相手に恵まれていたので、JCで上位人気になるなら危険視をしたいと思っています。
次走注目度:B

2着 ▲ ⑤キセキ
⇒それなりに仕上がっていたので、これまで完敗したのは陣営としては誤算だったかもしれません。鞍上は後方で脚を溜めて直線もうまく捌いてきています。菊花賞に向かうかは分かりませんが、今回の競馬が出来るなら3歳同士の菊花賞でなら距離に関しては誤魔化せるでしょう。
次走注目度:B

3着 ◎ ②サトノアーサー
⇒直線では手応え悪くないように見えたので、もう少し切れるかと期待していたのですが、思いのほか伸びませんでした。道中力んで走っている場面も見受けられたので距離面に関してはクラシックでも長い印象です。菊花賞に向かってくれば出来る限り人気を集めて飛ぶ可能性は大きいのではないでしょうか。
次走注目度:C

4着 △ ③ダンビュライト
⇒好スタートから先手を奪い自分のペースで直線まで運べましたが、完全に直線の追い比べで失速し完敗の内容でした。これで菊花賞出走は厳しいラインになってきました。再度条件戦からしっかりと賞金を加算して立て直しです。相手なりに走るし器用さもあるので、ローカル路線に出走してくれば面白いかもしれません。
次走注目度:A

5着 消 ⑭アドマイヤウイナー
⇒権利取りに向けてかなり仕上がっていましたが、完全に力負けになりました。距離は長い方が合っていそうです。
次走注目度:B

2017年09月30日(土) シリウスS(GⅢ)出走馬情報

2017年09月30日(土)
阪神11R「シリウスS(GⅢ)」


【キクノソル】
展開の助けが必要で現状力不足か。

【サルサディオーネ】
まだ古馬と戦うには厳しいです。

【スリータイタン】
年齢的に勢いは無いが相手なりに走るので人気も無いし相手程度に。

【タイニーダンサー】
牡馬相手には厳しいです。

【タガノゴールド】
ハンデ次第では後方一気がハマればおもしろい。

【タムロミラクル】
もう少し前目に位置付け出来るようなら中央でもそこそこやれそうですが。

【トップディーヴォ】
調子とハンデ次第では十分勝ち負け出来る力あります。

【トラキチシャチョウ】
まだ調子が戻るのは先になりそうなので見送り濃厚でしょうか。

【ドラゴンバローズ】
勝ちきれないもののオープンでも見劣りしません。楽しみです。

【ナリタハリケーン】
札幌記念で穴を開けましたが、勝ち負けまでは期待出来ません。

【ピオネロ】
ワンパンチ足りない割に人気を集めるので、積極的に狙いたい馬ではありません。

【ブライトアイディア】
ハンデが軽ければ割って入るか。

【プリンシアコメータ】
右回りより左回りの方が向く。
余程ハンデが軽くないと厳しいか。

【マインシャッツ】
力あるものの人気が集まりそうなので、そこをどうジャッジするかです。

【マスクゾロ】
一度使われて気配上昇ムードも、昨年よりも臨戦過程は良くない。
軽ハンデになる事はないので、危険な人気馬になる可能性は十分。

【ミツバ】
ここでも大崩れせず力を発揮出来るでしょう。

【メイショウイチオシ】
力不足です。見送り濃厚です。

【メイショウスミトモ】
重賞で戦える力はありません。厳しいでしょう。

【モルトベーネ】
人気の中心になりますが、休養明けで仕上げがどの程度してくるか次第。
完全に一叩き仕様なら割と危険。

2017年10月01日(日) スプリンターズS(GⅠ)出走馬情報

2017年10月01日(日)
中山11R「スプリンターズS(GⅠ)」


【キングハート】
賞金的に除外対象。
出走出来た場合、相手なりに走りこのメンバーなら相手まで考えてもいいかもしれません。

【シュウジ】
今年に入り成績がかなり下降気味で期待は酷。
ただ内枠を引いて思い切った逃げの手にでも出てくれれば一発も。

【スノードラゴン】
やはり年齢的な上昇は見込めません。
大雨でも降って不良馬場にでもならない限り見送り濃厚でしょう。

【セイウンコウセイ】
中山は初だが相性は良さそう。
前走の敗退で人気も落ちるようなら面白い。

【ソルヴェイグ】
昨年の3着馬だが、除外対象。
出走してきても楽に逃げれずに苦戦か。

【ダイアナヘイロー】
力は付けているものの、戦ってきた相手を考えるとまだGⅠは早い。

【ダンスディレクター】
展開に注文はいるものの、前が潰れる展開になれば上位争いは十分可能。

【ティーハーフ】
展開の助けがあっても能力的に厳しい。

【トーキングドラム】
人気は無さそうですが、自在性もありスムーズなら穴演出も。

【ナックビーナス】
除外対象。力も足りません。

【ネロ】
中山実績も良く、状態次第では十分上位争い可能。

【ノボバカラ】
登録はしているものの出走はしないでしょう。
想像よりは芝でも走ったものの、このクラスでの勝ち負けは難しい。

【ビッグアーサー】
力はあるものの、久々と鞍上不安で本命にまでは信頼出来ず。

【ファインニードル】
力は認めるも人気先行傾向。

【フィドゥーシア】
好スタートから溜め逃げが出来れば一発も期待。

【フミノムーン】
除外対象。力も足りません。

【ブリザード】
これまでの香港馬よりはランクが落ちる。モレイラなら多少注目も出来たのですが。

【メラグラーナ】
中山巧者も展開の助けが必要。

【モンドキャンノ】
注目の1頭です。中間調教、当日の仕上がり次第で評価を上げたい馬。

【ラインミーティア】
近走安定も力不足です。

【レッツゴードンキ】
最近スタートが遅く、中山では決定的なデメリット。

【レッドファルクス】
普通にメンバーで能力最上位。大きく大敗はしないでしょう。

【ワンスインナムーン】
現状力不足。

2017年09月24日(日) 予想公開中!!

本日の公開情報
①阪神11R、②中山11R、③中山09R、④阪神06R、⑤注目の1頭
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

2017年09月23日(土) 予想公開中!!

本日の公開情報
①阪神11R、②中山11R、③注目の1頭
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

2017年09月24日(日) 神戸新聞杯(GⅡ)出走馬情報

2017年09月24日(日)
阪神11R「神戸新聞杯(GⅡ)」


【レイデオロ】
今年のダービー馬がいよいよ秋始動です。
菊花賞には向かわない事が早くから発表されており、この秋の最大目標はジャパンC。
小回りの中山セントライト記念よりも直線の長いこちらを選んできています。

ダービーをどう判断するか
先週のセントライト記念で皐月賞馬アルアインがアッサリ負け、ローズSでも春の有力馬も同じように敗れ去っています。
恐らく誰の頭にもあるものが「今年の春のGⅠ上位馬は秋以降も強いのか?」ではないでしょうか。
正直、ダービーはスローペースを早めに動いたルメールの好騎乗が目立ちます。
中山コースは得意ではないとしても、皐月賞では不利があったにしても5着に敗れています。
つまり、不利があればそれなりにアッサリ負けてしまう程度とも考えれるかもしれません。

ダービー馬の秋初戦成績は◎
ダービー馬の秋初戦に関して休養、引退、海外遠征の馬以外で国内戦に関しての成績は抜群です。
複勝圏外になったのは近年では札幌記念から菊花賞4着となったジャングルポケット。
それ以前はタヤスツヨシ、ウィナーズサークル、ダイナガリバーといった古い時代まで戻ります。
勝ち方はともかく、格好はつける。
それがデータ的なダービーの秋初戦成績と言えます。

仕上がりはどうなのか
勿論、目標はここではないために万全の仕上がりではありません。
一週前追切でも遅れている辺りを見れば本調子だと考えれます。
ただ、藤沢調教師と言えばシンボリクリスエス、ゼンノロブロイで神戸新聞杯を制した実績もあり、秋初戦から恥ずかしい競馬をさせる調教師ではない事は言えるでしょう。

まとめ
正直、本調子ではなく惨敗してしまう程メンバーが揃っていません。
連対を外す危険性は低いのではないでしょうか。
後は当日テンションが上がり過ぎていないかには注意したいところです。



2017年09月24日(日) オールカマー(GⅡ)出走馬情報

2017年09月24日(日)
中山11R「オールカマー(GⅡ)」


【ステファノス】
実績面で出走馬中1番なのはこの馬です。
大阪杯、天皇賞.秋で上位争いをしている事を考えても人気になるのは仕方ありません。
ただ、単刀直入に上位人気になれば危険な存在となるのは間違いないでしょう。

実績をよく確認する
戦績は上記で記載した通りGⅠで勝ち負けする立派なものですが、主な勝ち鞍を見てみましょう。
最後に勝利したのは、もう3年も前の富士S(GⅢ)です。
そこから戦ってきた相手が強いので一線級なのは間違いありませんが、一線級では勝ちきれない馬だという事は確かです。

休養明けは割引
一線級ではワンパンチの足りなさからGⅠでは人気を下げており、穴を演出している状態ですが、前哨戦のGⅡでは押し出されて人気になり裏切る結果となっている。
秋初戦の毎日王冠で16年2番人気5着、15年6番人気7着となっている。
またGⅠを狙えるだけの力を持っており、賞金が足りている点からも目標がここではないのは明らか。

条件に注目
中山実績は0-0-1-1。皐月賞5着と中山記念着。
苦手というわけでもない。
しかし距離に関しては中距離馬といった印象で延長はプラスではないと考えられます。
今年の宝塚記念では抜群の手応えがありながら5着になった事からも、守備範囲内というだけで得意ではないと思われます。

まとめ
能力はメンバー上位もプラスすべき材料が今回は見当たらないため相手の1頭として消す理由はありませんが、本命としての信頼すべきまでに至らないかもしれません。
後は当日どこまで仕上がっているかと人気に注目です。


【ルージュバッグ】
3歳時は凱旋門賞挑戦の声も挙がる逸材も未だGⅠ未勝利。
東京コース巧者が久々に中山を舞台に出走してきます。

成長は見込めない
昨年は牡馬相手にエプソムC、毎日王冠と重賞連勝と潜在能力は高いのは素直に認めるところですが、いずれも東京1800m。
距離延長がプラスになるとは思えない上に、GⅠに目標を設定している馬だけに仕上がりは今一つ。
恐らくここを一度使って次の路線を定めていくのでしょう。
ただ、それ以上に既に5歳秋で成長力があるとは考えにくいため、既に牡馬相手に苦戦している以上、得意の舞台以外では厳しいのではないでしょうか。
人気が大幅に落ちているなら相手に入れてもいいかもしれませんが、基本的に見送りだと考えるべきだと思います。


【ディサイファ】
中山巧者でGⅡ実績十分もここのところ着外続き。
はたして得意の舞台で復活を目指して出走です。

狂った歯車
昨年のマイルCSで大きな不利を受けて以降、他馬を怖がる面を見せており、力を発揮されない状況です。
今回はシャドーロールを装着など試行錯誤していますが、やはり現状の姿を見る限り見送りでしょう。


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2980

紹介文:中央競馬の重賞競走やメインレースを、中央競馬開催日にメインレースを中心に注目の厳選予想を公開中!

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

最近の記事
月別アーカイブ
今まで来てくれたお客様

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
PR
人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
2263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
964位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索