FC2ブログ

18.CBC賞 出走登録有力馬分析

今日の帝王賞は本命対抗決着も、ケイティ単勝で勝負したためあえなく撃沈。
やはりセンスを感じられません。

さて、それでは遅くなりましたが今週の重賞展望。
まずはCBC賞から。

2018年7月1日(日)
中京11レース「CBC賞(GⅢ)」


・スノードラゴン
人気になるようなら買いたくありませんが、ひょうな事から穴をあける事もあるので人気薄なら相手に入れてもいいと思います。
とにかく展開がハマるようなら面白いですが、過度な期待はやはり禁物です。
ハンデも重くなるのも頭には入れておかなければなりません。

・トーキングドラム
阪急杯で重賞制覇をしていますが、重賞では力不足です。

・トウショウビスト
力は見劣りしますが、このメンバーでも先行出来る力があるので、同型の出方次第では驚きの逃げ足をしても不思議ではありません。

・フミノムーン
スプリント戦は合いますが、後方脚質のため信頼は出来ません。
余程人気が無ければ相手に入れますが伏兵程度の存在であれば買いたい馬ではないでしょう。

・ワンスインナムーン
まだ調子が戻ってきておらず、立て直しにもう少し時間がかかりそうです。

・ペイシャフェリシタ
休み明け成績もよくうまく脚を溜めれば直線伸びてきます。
連勝とまでうまくいかないまでも上位争いをしても何ら不思議はない1頭です。

・ダイメイプリンセス
連勝中も1000mでのもの。
1200mは守備範囲内もプラス材料にはなりません。

・ナリタスターワン
相手なりに走って相手なりに負けるイメージがあります。
勝ち負けまでは厳しいでしょう。

・アクティブミノル
重賞勝ちの実績も今やオープンでたまに上位争いが精いっぱい。
ここでも苦戦必須です。

・アサクサゲンキ
斤量の軽さと成長力見込みから人気を集めてきそうな馬です。
軸にまでは信頼出来ませんが、スタートさえ決まれば上位争いはしてくれます。

・セカンドテーブル
使われていますが、調子はかなり良い状態。
力は不足していますが調子の良さで相手には残しておこうと考えています。

・アレスバローズ
末脚を発揮していますが掲示板止まりで終わっている辺りが、現状はこのクラスでは厳しいという証明ではないでしょうか。

・グレイトチャーター
重賞で勝ち負けするには力が足りません。

・コウエイタケル
この馬も重賞で勝ち負けするほど力はありません。

・ナガラフラワー
斤量も軽そうで相手の1頭には入れておいても面白い1頭。

・ダイメイフジ
モズアスコットを物差しにしたらこの馬が人気になるのは仕方ありません。
頭までの信頼はありませんが、軸ぐらいなら信用してみてもいいかと思います。

・トシザミキ
斤量面でしか押せるポイントがありません。
普通に厳しいでしょう。

・レーヴムーン
このクラスでは力が足りません。

スポンサーサイト

テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本競馬分析会チーム

Author:日本競馬分析会チーム
独自に期待値指数を作成算出し予想します。
キャロット、ノルマンディーに一口出資も行っています。

最近の記事
月別アーカイブ
今まで来てくれたお客様
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
PR
人気ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1726位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
792位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索